東大の家庭教師が多い

「ゆとり教育」が、公立中学においては推進されてきました。しかしながら、学力が下がったことなどもあり「ゆとり教育」を止めようということになって、非常に学習の内容が増えてきています。このようなことから、学校の授業になかなか追いつかないような子供さんも多くなってくるのではないでしょうか。高校入試の場合には、入学試験、内申点の両方が重要視されます。そのため、きちんと学校での授業の内容をマスターして、その後高校入試のための学力を養うことが必要です。

一方、公立中学の場合には、「ゆとり教育」の影響によって、学習の進み具合の違いは私立中高一貫校と非常に大きくなっています。最も大切なのは第一志望校に受かることですが、高校に入った後も学習の進み具合の違いを大学を受けるまでにカバーするような学習を行う必要があります。

東大の家庭教師の派遣会社には、難関高校に公立中学から入って、このような学習の進み具合の違いを乗り越えて高い学力を全ての教科においてマスターし、東大に受かった家庭教師が多くいます。そのため、中学入試の対策だけでなく、高校に入った後の学習まで、東大の家庭教師の派遣会社であれば指導することができるので非常におすすめです。